二蝶で働くスタッフを紹介します

二蝶の仕事をひと言で表現するなら、料亭や仕出しで料理を食べていただき、満足していただくことです。日々ご来店いただいたお客様に二蝶にしかない特別感を提供できなければ何度も足を運んでいただくことは難しいでしょう。しかし、スタッフはお客様のためを想ってサービスを提供しているのであって、会社のために働いている訳ではありません。自身に生活があり、思考があり、その延長線上に人生を預けてもらうパートナーとして二蝶が存在するのです。料亭での仕事はお客様が主役ですが、スタッフも日々現場で奮闘し、その中で一歩一歩成長し、素敵に輝きを放っています。ほんの一部ですが、その片鱗に触れていただきたいと思い、スタッフを紹介させていただくことにしました。

意味がわかると知ることが楽しくなる

SATOMI TSUTSUI

接客筒井 里美

入社した理由は
胃袋を掴まれたことかな?(笑)

就職活動をしていた時、二蝶に体験で来る機会がありました。何日か研修をしていく中で感じたことは接客さんの素晴らしさ。対応が本当に良くて、しかも教え方がすごく丁寧。自分もこんなふうになれたらなと思いました。最終日にはお料理を食べながら食べる時の所作を学ぶ機会があったのですが、料理のあまりの美味しさに感激してしまいました。この料理なら自分も自信を持ってお客様に提供できるし、きっと喜んでいただけるだろうなと感じたことを覚えています。

入社して3年経ちますが
まだまだパニックに陥ります

入社して今年で3年目になりますが、まだまだいっぱいいっぱいで、よく「筒井さんがパニックになってる」と接客の間で言われています。頼りになる先輩方がいつもサポートしてくださるので、本当にありがたいです。入社してすぐの何もわからなかった時と、今、色々できるようになり、お客様の対応をする中でのパニックとはまったく質が違います。そういった意味では実のある月日を重ねられているのかなと思っています。まだまだ先は長いので、先輩方に追いつけるよう今は一生懸命頑張っています。

知ることと分かることは
同じようで実は違うことだと
気づけたことが発見かも

マナーの知識ひとつ取って見ても
おもてなしに込められた想いに触れられます

箸の持ち方や、座布団の置き方など、知っている方も多いかもしれないのですが、どうしてそうするのかって気になる人は少ないんじゃないかと思うんです。例えば、畳の縁を踏まないという知識はあってもなぜ踏んではいけないのか、ということを私は知らなかったですし、気になって調べたこともありませんでした。そういった1つひとつのことには明確な理由があって、いろいろな想いが隠されていることが多くあります。知るたびに日本人の粋な心に触れたような気持ちになります。

まるで階段を登っていくように
段階的に成長していける喜びがあります

料亭のお料理にはお酒が付き物です。でも、高卒で入社した私はお酒を飲んだことがなかったので、まったく知識がありませんでした。お客様の方が詳しいことも多く「覚えておいた方がいいよ」とレクチャーを受けたこともありました。今、二十歳を迎えてお酒を飲めるようになったことで、お酒の注ぎ方や所作の意味が分かるようになりました。味や違い、どういうお酒なのかということも説明ができるようになりました。まるで階段を一段一段登っていくように、成長していけることがすごく楽しいです。

Past now future

今はとにかく頑張ること
いつか頼りになる先輩になるために

二蝶を訪れてくださったお客様に、少しでも満足して帰っていただきたいです。今は先輩方に助けてもらうことが多く、一人でも安心して任せていただくためには、できなければならないことがまだまだ山のようにあります。だから、今できることはがむしゃらに頑張ること。吸収できることをどんどん身につけていくことだと思っています。先輩を頼ってばかりの今の自分ですが、いつか後輩から慕われ、先輩方からも頼りにされるような存在になりたいです。

できることがどんどん増えていき
これからも成長し続けられる楽しみがあります

高校3年生の私にとって料亭はまったく未知の世界。どんなふうに接客をするのか、どういった説明をしてお料理をどんなふうにお出しするのかなど、まったく想像ができない場所でした。それなのに、今、気がつけば着物の着付が自分でできるようになり、お客様にお料理をお出ししている自分がいます。高校の先生からも「なんだか女性らしくなったね」と言ってもらえ、想像もしていなかった今の自分まで、まるで手を引くように導いてくれた二蝶の先輩方に本当に感謝しています。